ココナラは確定申告は必要?副業したら税金はいくらかかる?

ココナラ

ココナラで副業しているけど、売り上げた収入の税金について、いくらかかるか気になりませんか?

この記事ではサラリーマンやアルバイト・パートの方が、ココナラの副業で20~100万円儲けたときにかかる税金について説明していきます。

よかったら参考にしてみてくださいね。

\ ココナラの公式サイトはこちら! /
↓ ↓

副業にも税金はかかる

サラリーマンやアルバイト・パートの方がココナラで副業をした場合で、以下のケースをを想定してみます。

想定するケース①

ココナラの副業で年間20万円未満の収入が発生した。

この場合、ココナラの副業収入が年間20万円を超えていないので、所得税はかからないので確定申告をする必要はありません。

しかし、住民税がかかりますので、別途住んでいる市区町村の役所に対して所得を申告する必要があります。

よく副業で20万円を超えていないから税金はかからないというのは、所得税の話になります。

想定するケース②

ココナラの副業で年間20万円以上の収入が発生した。

この場合、ココナラの副業収入が年間20万円を超えているので、確定申告をする必要があります。

そして、所得税と住民税がかかります。

所得税は「現金納付」、「振替納税」、「電子納税」、「クレジットカード納付」と4つの納付方法が存在しますので、自分に合ったものを選択しましょう。

住民税については、確定申告をすることで、地方公共団体へデータで送信されますので、自分で申告をする必要はありません。

住民税については、会社に副業を知られたくない場合、確定申告書の際に、住民税に関する項目で「給与から差引き」と「自分で納付」という選択肢があるので、「自分で納付」を選びましょう。

副業でどのくらい税金がかかる?

現在、会社員やパート・アルバイトとして働いている場合に、副業で得た収入に対してどのくらい税金がかかるのかを調べてみました。

ポイントは、全ての所得(本業と副業)に対する所得税から年末調整後の所得税を差し引いた金額が、確定申告時に納付する所得税の金額になります。

調査した条件

年齢   :20歳以上40歳未満
配偶者  :なし
社会保険 :加入あり

上乗せされる税金はあくまでおおよその目安になりますので、あくまで参考程度としてお考えください。

参考:税金社会保険料シミュレーション

本業の年収副業で得た収入上乗せされる税金上乗せされる税金の内訳
300万円20万円約30,000円所得税 10,000円、住民税 20,000円
30万円約45,000円所得税 15,000円、住民税 30,000円
40万円約60,000円所得税 20,000円、住民税 40,000円
50万円約75,000円所得税 25,000円、住民税 50,000円
100万円約157,000円所得税 57,000円、住民税 100,000円
400万円20万円約30,000円所得税 100,00円、住民税 20,000円
30万円約47,000円所得税 17,000円、住民税 30,000円
40万円約67,000円所得税 27,000円、住民税 40,000円
50万円約88,000円所得税 38,000円、住民税 50,000円
100万円約187,000円所得税 87,000円、住民税 100,000円
500万円20万円約40,000円所得税 20,000円、住民税 20,000円
30万円約60,000円所得税 30,000円、住民税 30,000円
40万円約80,000円所得税 40,000円、住民税 40,000円
50万円約100,000円所得税 50,000円、住民税 50,000円
100万円約210,000円所得税 110,000円、住民税 100,000円
600万円20万円約40,000円所得税 20,000円、住民税 20,000円
30万円約61,000円所得税 31,000円、住民税 30,000円
40万円約91,000円所得税 51,000円、住民税 40,000円
50万円約122,000円所得税 72,000円、住民税 50,000円
100万円約270,000円所得税 170,000円、住民税 100,000円

\ ココナラの公式サイトはこちら! /
↓ ↓

副業の税金を減らすには?

副業が軌道に乗り、収入が増えていくと、税金も当然増えていくことになります。

できれば税金対策をして、納税額を減らしたいところですよね。

課税対象となるのは収入ではなく所得なので、ココナラで制作~出品までにかかった必要経費を申告すれば、所得が減ると共に支払う税金も抑えることが可能となります。

ココナラの必要経費とは?

ココナラの必要経費の一例を挙げてみます。

主な必要経費

・ドメイン
・レンタルサーバー
・通信費
・備品(10万未満のPC・机など)
・光熱費
・仕事に関する雑誌・文房具
・賃貸物件の固定資産税等

ココナラで収入が増えるとうれしいのですが、税金も増えるので、必要経費を理解して、申告すれば節税することが可能です。

できるだけ多くの収入を得るためにも、必要な経費を理解して申告できるようにしたいところです。

\ ココナラの公式サイトはこちら! /
↓ ↓

困ったときは、ココナラで相談してみよう

節税対策で注意したいポイントがあります。

それは、ネットの情報収集だけで安易に税金対策をするのは危険だということです。

確定申告後、提出された確定申告資料に対して税務署職員のチェックが入ります。
確定申告がゴールでは無いので注意が必要です。

もし、不安がある場合は、ココナラには、副業で得た収入の確定申告や節税対策について相談に乗ってくれるサービスがありますので、相談してみることをおすすめします。

ココナラのおすすめ相談サービス3選

ココナラ副業の税金の悩みに対して相談に乗ってくれるサービスを紹介します。

税理士が確定申告の質問・相談に答えます

このサービスの特徴は、税理士さんが副業の相談に乗ってくれる点です。
リーズナブルな価格が魅力です。

税理士が確定申告の質問・相談に答えます
販売価格評価
3,500円★5.0(240)
サービス内容

確定申告に関して、質問や相談にお応えします。
・新規に住宅を購入した(住宅借入金特別控除)
・親から贈与を受けた ・土地や建物を譲渡した
・経費がどこまで認められるのかを知りたい
・副業が会社にできるだけばれないようにしたい
・ふるさと納税の限度額を知りたい その他確定申告
・税金に関する相談・質問
を 税理士の立場から返答いたします。

現役税理士が確定申告のちょっとした悩みを解決します

このサービスの特徴も、税理士さんが副業の相談に乗ってくれる点です。
この価格で気軽に相談できるので、かなりお得です。

現役税理士が確定申告のちょっとした悩みを解決します
販売価格評価
2,500円5.0(195)
サービス内容

最近は副業などをされる方などが増えてきて確定申告をする人も増えてきている印象です
でも実際確定申告のやり方って学校でも教えてくれないし、かと言って税理士事務所に相談に行くのも面倒ですよね
そんなわけでそういう方のためにこちらを出品しました!
内容としては、確定申告をおまかせする!じゃなくて 確定申告についての疑問だったり、こういうときって申告したほうがいいの?
といった ちょっと知りたいことを解決する、という使い方がメインです

税理士が税金相談 あなたに合った回答をいたします

このサービスの特徴は、ちょっと金額が高めですが、一般論ではなく、個別に具体的に答えてくれる点です。

税理士が税金相談 あなたに合った回答をいたします
販売価格評価
11,000円★5.0(52)
サービス内容

ココナラやクラウドワークスなどフリーランスの皆様 YouTuberやネットでの物販など 税理士が税金相談にお答えいたします。
ネットではよく分からないけど、税務署へ行くのはためらう方へ 一般論ではなく、ご質問者さまの場合、 実際どうなのか個別具体的にお答えいたします。

\ ココナラの公式サイトはこちら! /
↓ ↓

まとめ

ココナラで収入が発生した場合の確定申告の必要有無と、どのくらい税金がかかるのかを紹介してきました。

20万円を超えると上乗せされる税金の目安がおわかりいただけたかと思います。

節税対策などで、もし困ったら、ココナラの相談サービスを利用してみてくださいね。

\ ココナラの公式サイトはこちら! /
↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました